木材の塗装を加工場で行なう訳は・・・。

自然塗料
外部の屋根裏に使う杉板を、加工場にて塗装しています。塗料は自然塗料です。

木材は、乾燥材でも縮んだり、梅雨どきには伸びたりします。木材は呼吸をしています。例えば、床のフローリングに無垢の木材を使えば、目地が縮んだり開いたりします。それが、本物の木ですから、そこを承知の上で選んでください。

絶対嫌だと言う方は、合板系のフローリングをつかってくださいね。

話はそれましたが、木材を施工前に着色するのは、施工後(張り付けた後)に塗装したら、木材が収縮したとき重ね合わせに未塗装部分が出てしまいます。

のちのちまで、綺麗な状態を保てるように考えています。施工性を考えたら、塗装前がいいのですが、ここは譲れませんね

自然塗装

これはまだ1回塗りですが、木目が綺麗に出ていますよね。2回塗れば深みが出てきます。仕上がりがどんな風になるのか楽しみですねヾ(≧▽≦)ノ


  • 人気ブログランキング
  • LINEで送る