第14章 みんなが看板

新米営業マン奮闘記前章の終わりに書いた会社全体の意識。
お客様が「あ~あそこに工事頼んで本当に良かったな~」と思われて初めて商売成立といってもいい気がする。

私が工事終了後にお客様にお会いし「や~お世話になったねー」と笑顔で言って頂けるのはそこまでの職人さんの仕事ぶり、現場を管理した者の人間性が誠意という形でお客様に届いた過程があるから言って頂ける事が分かった。

見積金額も当然あるのだが、お客様が納得頂けたなら金額だけでの左右はさほどない。最初の段階でお客様とお会いし、見積もり提出、工事着工。
一番長くお客様と時間を過ごすのは職人さん達!

だからこそ皆ながお客様に対して感謝して仕事をする。
皆なが会社の看板!
この意識がなかったら絶対次の依頼はないと痛感している。だから私自身も家の社長、専務、従業員皆なに感謝(^^)実際営業がフォロー出来る事なんて限られてるから・・・。


  • 人気ブログランキング
  • LINEで送る