資金調達について

「自分たちは、どれ位借入れができるだろう?」
という質問を、よく受けます。

住宅ローンは、各金融機関が取り決めている融資条件また基準があり、これはおおまかに言うと、年収から見た基準になります。

例えば、年収300~400万円の方は、年間返済率が年収の30%以内。とかという基準です。年収300万円の方であれば、30%=90万円。12ヶ月で割ると、75,000円/月が基準になり、そこから何年ローンを組むか?によって、借入額が決まってきます。

私たちからのお答えは、いくら借りれるのでは無く、いくら返済出来るか?という事の方が重要であると伝えています。これを基に、資金計画をさせて頂きます。

金融機関さんは、年収等の基準・条件がクリアできれば、めいいっぱい融資してくれるかもしれませんが、そのままローンを組んでしまうと、大変困難な支払いになる事があります。

お子様がいらっしゃる場合は、成長に応じて教育費等、大きなお金が必要となってきます。お子さんを大学まで出した場合、1人当り1000~2000万円ぐらいかかると言われています。つまり、住宅ローンを組むときは、将来を見据えた計画を組み立てないといけないということです。

当社は、会社の理念として、マイホームをご提案する事は、お客様の人生設計をすることだと思っています。資金計画をする時は、本当に慎重に進めさせて頂いています。

100%お客様の立場になって考える。
を当社の家づくりの基本にしていますが、これは、実は自分に置き換えることでもあります。簡単なようで、以外に難しいことです。でも、そこまで出来て初めてお客様にご提案および住宅の提供ができるものと思っています。

当社でも資金計画についてのアドバイスを行っておりますので、資金計画でお悩みの方は、いつでもお気軽にご相談下さい。出来れば、金融機関に行かれる前に相談して頂きますと、色々、アドバイスできると思います。


  • 人気ブログランキング
  • LINEで送る