構造補強で、耐震補強

大型リノベーション中のお宅です。2階の床下地ですが、材料がねじれたり、水平でなかったりしていますので、これを真っ直ぐに直して床下地を作ります。
既存の上にそのまま床を張るなんてことも可能ではありますが、フローリングの床の場合は、ギシギシ嫌な床鳴りがおきたり、ビー玉がコロコロ転がる・・・。そんな仕上がりに満足できますか?どれだけ気をつけて、入念な施工をしても木材は生きています。多少のきしみ音や、目地のすきが起こることを理解して無垢材は使用しましょう。
構造補強 安来市 奥出雲

せっかく入っている、しっかりとした材料はそのまま、要所を補強していきます。新築工事と同じように出来ないところが、リフォームの難しいところです。今回目指している住宅性能は、新築に負けない、快適さ、気密性能を出すことです。既存住宅でも、快適な住空間は出来ます。当社でこだわっている所は、見た目だけでなく、住み心地です。

冬暖かくて、夏涼しいを目指しています。リフォームの場合は見た目綺麗には、誰でも作れるかもしれませんが、性能を数値で表すことは並大抵のことではありません。在来工法で、50年以上やっている技術があってこそ出来ることも多々あります。

RC基礎 奥出雲町

現在の建築基準法に合致するように、基礎も要所を補強します。ブロック基礎でなくコンクリート基礎です。後から見えなくなる部分ですが、構造本体はもっとも重要ですからね。屋根の軒先長さや庇等も、夏場の日差しをカットできるようにその地域の太陽高度を参考にしながら、決定しています。

同じように見えても、1軒1軒みな違います。そういう事が可能なのも地場の工務店の強みかもしれませんね。
工事の進捗状況も、次々に送られてくる写真で、手に取るように分かります。常に常駐しなくても、要所要所バッチリです。基礎の補強も間もなく終わります。お施主様もワクワクしておられることと思います(*^^*)


  • 人気ブログランキング
  • LINEで送る