断熱材吹付

リフォーム中のお宅。断熱工事の施工を行ないました。既存住宅には色んな隙間が沢山あります。その隙間をはめ込みや、貼り付けの断熱材で隙間無く充填するのは非常に難しいです。

少しでも隙間があれば、効果がありません。そこで、吹付けの断熱材を採用しました。この断熱材は、オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンを全く使用しない、地球にやさしいウレタンフォーム素材です。

アクアフォーム

 

吹き付けタイプですので、表面はフラットにはなりませんが、まんべんなく充填できます。
アクアフォーム

屋根裏部分もぎっしりです。無暖房の現場も昨日までとは まるで違い、中は温かく感じます。またこの断熱材は、透湿性も低く断熱材内部に湿気を通しにくいため、壁体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高める効果も期待できます。簡単に言えば、魔法瓶の様な感じです。

夏場に注意しなければならないのが、熱をため込んでしまうと保温効果で、蓄熱してしまう点です。エアコンや通気を上手に取る必要があります。冬は間違いなく温かいです。


  • 人気ブログランキング
  • LINEで送る